商標・不正競争防止法TOP→ 当事務所の特徴

弁理士・弁護士の二つの専門家を兼務

 当事務所では、弁理士資格を取得した後に弁護士となった現役の弁護士・弁理士が中心となって相談に応じます。 事業活動に深く関与し訴訟手続に精通する弁護士としての視点、知的財産問題のスペシャリストである 弁理士としての両視点で、商標や不正競争防止法に関するご相談、交渉、契約、そして裁判手続代理が可能となります。 また、弁護士・弁理士という専門家として一人二役をこなしますので、一貫した考えで貴社をお守りすることができ、 さらに弁護士・弁理士の一本化による専門家コスト削減も可能となり、特に中小・ベンチャー企業様にとって 費用対効果の点で安心です。

弁理士実務を知る弁護士による対応

 

現在の制度では、弁護士資格を取得すれば、弁理士登録も可能であるため、弁護士・弁理士の肩書を持つ弁護士は それなりにいます。弁護士は、普段から企業法務全般のご相談に応じることが多く、弁理士に比べて事業活動の 中核部分に対して明るいということが多いため、事業活動と商標が密接にかかわるという点では、弁護士に相 談するというのもメリットがあります。

pixta_11047293_M

もっとも、弁護士のうち弁理士試験を受け弁理士資格を取得し、弁理士業務を行った後、弁護士となる者は極め て少数です。弁理士業務は、弁理士独特の世界があり知的財産法に関する細かい法律知識が要求されます。

 当事務所では、弁理士資格を取得した後に弁護士となった現役の弁護士が中心となって対応していますので、 このような問題は生じません。

出願から権利行使まで対応

 弁護士として、商標をはじめとした契約問題について日常的に従事し、また、普段から当事者対立構造の仕事に従事 しておりますので、登録商標の移転登録に伴う譲渡契約書の作成のご相談、ライセンス契約、共同出願契約 等などの契約問題、契約の前提となるライセンス交渉、権利譲渡交渉等、商標の出願代理だけでなく各種契約をはじめと する商標に関する周辺部分についても、一貫してフルサポートします。 さらに、弁護士は、日常的に訴訟代理業務に従事しており、商標に関わる侵害訴訟、審決取消訴訟、不正競争防止法に関する訴訟 等の裁判所の手続も安心して任せることが可能となります。特に、侵害訴訟については、弁理士の単独代理は認められておらず、 弁護士代理が必要ですが、弁理士に最初に依頼していると別途弁護士にも依頼しなければならなくなってしまうような問題は生じません。

企業法務全般に関する対応

 企業様であれば、商標問題を始めとしてそれ以外の事業活動にかかわるあらゆる法的問題や契約問題について、 ちょっと相談したいこともあるかと思います。 このような企業法務のご相談は弁理士ではできず、弁護士の業務領域となります。 今までは、弁護士の敷居が高いと感じ、相談に行くほどのことはないと思い放置している案件等もあるかと思います。 また、費用が高くなってしまうことも恐れて相談できないというようなケースもあります。 当事務所は、商標の相談の機会を利用して、事業活動における他の法的問題や契約問題などの企業法務全般の ご相談にも対応可能ですので積極的にご利用ください。

刑事弁護も対応

 当事務所は法律事務所のため、刑事事件の弁護人となることができます。 商標についての理解が深いため、商標法違反やそれに関連する関税法違反という専門的な法律違反に対しても迅速に 対応することができます。この業務は弁理士はできません。 ブランド物の販売をしていたところ、突然、警察が家にやってきて、家宅捜索を受け、また、家族が逮捕されたなど、 刑事事件は思いもよらず、突然発生します。このような状況で対応できるのは弁護士だけです。捜査弁護を弁護士に 依頼することにより、不当な起訴を防ぎ、また、犯罪事実があった場合でも示談交渉等により不起訴になることもあります。 また、残念ながら起訴された場合でも、適切な公判弁護により、被告人となった方の権利擁護することもできます。

 当事務所は、商標法違反や関税法違反被疑事件のの捜査段階の捜査弁護、公判段階の公判弁護のいずれも対応致します。 特に捜査弁護はスピード勝負です。悩まれたらまずはご連絡ください。

お問い合わせ方法

 商標問題や不正競争防止法に関する相談・依頼をご希望の方は、お気軽にこちらからお問い合わせください。