商標問題・商標権侵害TOP → 不正競争防止法の裁判例

不正競争防止法の裁判例

 不正競争毎に分類してまとめたものです。今後、随時UPしていきます。

2条1項1号

商品等表示
東京地裁H26.12.26 平成25年(ワ)23579号
左官用バケツの形態が商品等表示に該当しないとされたもの
東京地裁H14.1.24 平成13年(ワ)11044号
図書券が利用可能である旨の表示が商品等表示に該当するとされたもの
東京地裁H25.11.29 平成23年(ワ)29184号
ゲームの画面遷移などが商品等表示に該当するか争われたもの
富山地裁H12.12.6 平成10年(ワ)327号
ドメイン名自体が商品等表示の使用に該当するか争われたもの
東京地裁H27.11.11 平成26年(ワ)25645号
キャリーバッグの形態が商品等表示に該当しないとされたもの
類似
最高裁S58.10.7 昭和57年(オ)658号 マンパワー事件
2条1項1号の類否判断手法示した最高裁判例
混同のおそれ
最高裁S58.10.7 昭和57年(オ)658号 マンパワー事件
2条1項1号の混同の範囲を緊密な営業上の関係が存するものにまで広げた最高裁判例

2条1項3号

商品の形態
東京地裁H25.11.29 平成23年(ワ)29184号
ゲームの画面遷移などが商品の形態に該当するか争われたもの
東京地裁H27.9.30 平成26(ワ)17832
デザイン画が衣料品の商品の形態に該当するかが争われたもの
実質的同一
東京地裁H27.11.11 平成26年(ワ)25645号
原被告のキャリーバッグの形態が実質的同一とはいえないとされたもの

2条1項12号

不正の目的
東京地裁 H26.12.18 平成 26年(ワ)18199号
HPの内容が誘導広告となっている点等から不正目的を認定
富山地裁H12.12.6 平成10年(ワ)327号
2条1項12号立法の経緯となったと言われるジャックス事件

2条1項13号

品質誤認
東京地裁 H26.12.18 平成 26年(ワ)18199号
HPの内容の品質部分について断定的な記載となっている点から品質誤認を認定

2条1項14号

虚偽事実の告知
大阪地裁H27.2.19 平成26年(ワ)3119号
特許権侵害である旨のプレスリリースした場合のリリース者に課せられる注意義務
東京地裁H27.2.18 平成25年(ワ)21383号
FRAND宣言している特許権者による小売店への警告、損害賠償における過失の有無

その他

退職後の競業避止義務
東京地裁H26.12.26 平成 25年(ワ)23579号
競業避止義務を約した誓約書の効力
不当訴訟提起
大阪地裁H27.2.19 平成26年(ワ)3119号
不当訴訟が提起された場合の損害賠償の可否
額に汗(一般不法行為)
東京地裁H25.11.29 平成23年(ワ)29184号
ゲームの画面遷移などのアイディアが他人に利用された場合に一般不法行為となるか