商標・不正競争防止法TOP → 不正競争防止法に関する裁判例

ドメインの法的保護(富山地裁H12.12.6 平成10年(ワ)第323号)

 本件は、インターネット上で「http://www.jaccs.co.jp」というドメイン名を使用し、かつ、開設するホームページにおいて「JACCS」の表 示を用いて営業活動をする被告に対し、「JACCS」という営業表示を有する原告が被告による右ドメイン名の使用及びホームページ上での「JACCS」の表示の使用は、 不正競争行為に当たるとして、右ドメイン名の使用の差止め及びホームページ上の営業活動における右表示の使用の差止めを求めた事案である。
 問題となったのは、ドメイン名の使用自体が、不正競争防止法2条1項1号及び2号のの「商品等表示」の「使用」に当たるか否かという点であり、 該当性を認め、請求を認容した。ここでは、ドメインの使用が不正競争防止法や商標法の規制の対象となるか否かについてのみ触れる。

判示事項

ドメインの使用が不正競争防止法の「商品等表示」の「使用」に該当するか
「そして、このように、ドメイン名がその登録者を識別する機能を有する場合があることからすれば、ドメイン名の登録者がその開設するホームページ において商品の販売や役務の提供をするときには、ドメイン名が、当該ホームページにおいて表れる商品や役務の出所を識別する機能をも具備する場合 があると解するのが相当であり、ドメイン名の使用が商品や役務の出所を識別する機能を有するか否か、すなわち不正競争防止法二条一項一号、 二号所定の「商品等表示」の「使用」に当たるか否かは、当該ドメイン名の文字列が有する意味(一般のインターネット利用者が通常そこから読みとるであろう 意味)と当該ドメイン名により到達するホームページの表示内容を総合して判断するのが相当である。」


本件でのあてはめ
「そこで、本件で、被告による本件ドメイン名の使用が「商品等表示」の「使用」に当たるか否かを検討するに、被告は、本件ドメイン名の登録を受けた後、 別紙ホームページ画面(1)記載のホームページを開設し、右画面には、「ようこそJACCSのホームページへ」というタイトルの下に、「取扱い商品」、 「デジタルツーカー携帯電話」及び「NIPPON KAISYO,INC.」のリンク先が表示されており、右リンク先の画面において、簡易組立トイレや携帯電話の販売広告 がされていた(争いのない事実)。右ホームページの表示内容(リンク先も含む。)は、携帯電話等の商品の販売宣伝をするものであり、右ホームページの画面には 大きく「JACCS」と表示されていて、ホームページの開設主体であることを示しており、ドメイン名も「jaccs」で、「JACCS」のアルファベットが小文字になっている にすぎないことからすれば、この場合の本件ドメイン名は、右ホームページ中の「JACCS」の表示と共に、ホームページ中に表示された商品の販売宣伝の出所を識 別する機能を有しており、「商品等表示」の「使用」と認めるのが相当である。」


コメント

 ドメイン名が「商品等表示」の「使用」に当たるか否か、すなわち、出所識別標識として機能し、不正競争防止法や商標法の規制の対象となるか否かについては、 ドメイン名の文字列自体が有する意味と、当該ドメイン名のHP表示内容を総合して判断するのが相当と述べています。そして本件ではJACCSの表示が目立つ態様で存在し 、商品販売の広告がなされている点を捉えて、HP中のJACCSの表示と共に、ドメイン自体の表示も商品等表示として使用していると判断されました。なお、控訴審において、 被告は、現在はHP中にJACCSの表示がないと述べましたが、差止がそのまま認められております(控訴棄却)。
 このようにドメイン名の登録者がその開設するホームページにおいて商品の販売や役務の提供をするときには、ドメイン名が当該ホームページにおいて表れる商品や役 務の出所を識別する機能を具備する場合があります。もっとも、上記のJACCS事件は、「jaccs」を含むドメイン名からなるURLで表示されるホームページ画面において 、「ようこそJACCSのホームページへ」というタイトルがあり、画面に大きく「JACCS」と表示されていた事実等、JACCSの名声にフリーライドする意図も見え隠れするよう な事案であり、これら表示内容とURLの表記が一致していることをもって、「jaccs」を含むURLの使用行為が商標権侵害とされた例外的な事案ともいえます。他人の表示と 類似する表示を含むURLの使用が、即不正競争行為や商標権侵害行為になるというものではありませんので、この点は、慎重に判断する必要があります。