商標問題・商標権侵害TOP → 名刺への商標表示

名刺への商標表示

商標は使用することによって、業務上の信用が蓄積されるのですから、商標は使用することが前提となっており、 登録商標を一定期間使用していなければ、不使用取消審判で取り消されることにもなります。


そこで、名刺に商標(標章)を付しているような場合、商標の使用に該当し、不使用取消審判で取り消されることを防止できるのでしょうか。


商標の使用には、商品又は役務の広告に商標を付すことが含まれますので、一見、名刺における商標の 表示は、商標の使用に該当するようにも思えます。


しかしながら、商標は、事業者自身が登録において指定した商品又は役務について使用することが前提となっていますので、 商品・役務と離れて、マークを使用しても商標の使用とは言えません。


すなわち、名刺への使用については、一般的には商品や役務の広告のために使用しているのではなく、 そのマーク自体を広告している(商品や役務と離れて、会社やマーク自体の価値をあげている)と判断され、 商標の使用に該当しないと言われてます。


もっとも、商品や役務と関連性があるような場合、たとえば、扱っている商品や行っているサービス が名刺に明記されているようなケースでは、商標の使用に該当する可能性もありますので、 何が商標の使用かというのは微妙な問題でもあります。


商標の使用の問題をはじめ、商標権侵害等に関する問題は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ方法

 弁護士・弁理士としての商標権侵害などの商標問題に関するご相談・ご依頼、弁護士としての契約問題を含めた一般企業 法務のご相談をご希望の企業様は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。