商標的使用

商標権の侵害となるかは、使用している商標及び商品・役務が同一・類似範囲にある場合が原則です。
もっとも、そうであっても侵害とならない場合がありますので、このような場合には、それを反論することになります。


商標の本質は、自他商品識別機能出所表示機能ですから、そのような機能を発揮しないような標章(マーク)の使用に 対しては、商標の使用とはいえず、権利侵害とはならないとするのが裁判実務です。


過去に、登録商標を「巨峰」、指定商品を「包装用容器」とする商標権を有する権利者が、 「巨峰」という文字を描いた段ボールを製造販売する業者を訴えた事案がありました。


たしかに、形式的に見れば、業者は、「包装用容器」である段ボールに「巨峰」を付しているのですから、 商標権者と同一の商標を同一の商品に使用しているため侵害に該当する気がします。


しかしながら、そもそも業者が段ボールに「巨峰」という文字を描いたのは、その段ボールの中にぶどうを入れ、 ぶどうの品名を表わすためのものであり、段ボール自体の出所を表示するものではありません。


したがって、このような場合には、商標権の侵害が否定されます。


商標の使用とは、自他商品識別機能や出所表示機能を発揮するような使用であり、 このような機能を発揮しないような使用は、上記のように侵害とはなりません。


もっとも、商標的使用に該当するかは難しい判断もありますので、悩まれたら一度ご相談ください。

お問い合わせ方法

弁護士・弁理士としての商標権侵害などの商標問題に関するご相談・ご依頼、弁護士としての契約問題を含めた一般企業 法務のご相談をご希望の企業様は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。