先使用権

商標権侵害に対しては、正当理由があればで対抗できます。その一つとして先使用権があります。


先使用権とは、不正競争の目的でなく、出願前から日本国内において、同一又は類似の商標を同一又は類似の商品(役務) に使用しており、かつ、出願時に取引者・需要者の間で広く認識されている場合に限り、商標権侵害とはならず、 そのまま継続して使用することができるというものです。


先使用権は、単に相手方(権利者)の出願前から自社で使用しているだけで認められるわけではなく、出願時点で周知に なっている必要があります。


この立証は困難であり、裁判で簡単に認められるものではありません。
また、仮に先使用権が認められたとしても、継続して、抵触する範囲での使用が許される権利に過ぎません。


相手方から権利行使されたときに備えて、先使用の事実を証明し得るものを常日頃から集めておくことも予防法務 として重要ですが、そもそもそんな認められにくいものに頼ること自体、予防法務活動としては失敗です。


自社の使用する商標や将来使用意思のある商標はすぐに出願して登録するのが基本です。
また、先使用権が認められるのであれば、相手方の登録商標に無効理由があった場合、無効とすることができる可能性も あります。


先使用権に関すること、また、予防法務・予防のための商標出願についても、当事務所へご相談ください。

お問い合わせ方法

 弁護士・弁理士としての商標権侵害などの商標問題に関するご相談・ご依頼、弁護士としての契約問題を含めた一般企業 法務のご相談をご希望の企業様は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。