商標問題・商標権侵害TOP → 商標ライセンス

商標ライセンス

商標権も財産権ですから、自由に譲渡できますし、他人に貸し出す、すなわち、商標の使用許諾 (商標ライセンス)をすることができます。


たとえば、商標ライセンスのきっかけとしては、他社に販売を委託するようなケースや、親子関係にある会社で親会社が 商標権を所有し、子会社に使用させるようなケース、さらに、他社から使用許諾を求められるケースもあります。


商標ライセンスにおいて、その条件をどのようにするかについては、当事者間の合意で決まりますので、 合意内容を契約書面という形で残すのが普通です。
そこでは、商標の使用地域、使用する態様、対価、使用期間等が詳細に定められます。


また、商標ライセンスにおいて大切なことは、ライセンスの条件をしっかりと書面に定めておくことはもちろんですが、 ライセンス後もライセンシーの使用を継続して管理をしていくことです。


すなわち、ライセンシーが使用していなければ、商標権自体が不使用取消審判で取り消されることもありますし、 ライセンシーが不正な使用をしている場合にも、商標権が不正使用取消審判で取り消されることにもなります。


商標ライセンスは、契約締結、そしてその後の管理が重要となります。


商標ライセンスの契約をお考えであれば、一度ご相談いただければと思います。

お問い合わせ方法

 弁護士・弁理士としての商標権侵害などの商標問題に関するご相談・ご依頼、弁護士としての契約問題を含めた一般企業 法務のご相談をご希望の企業様は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。