商標問題・商標権侵害TOP → 不正使用取消審判

不正使用取消審判

商標権は、業務上の信用を保護するものですから、使用により価値が見出されますが、単に使用すれば良いのではなく、 正当に使用しなければなりません。


つまり、商標権者の正当な権利範囲は、指定商品または指定役務についての登録商標に 与えられており、類似する範囲の使用は権利範囲には含まれず、他者の権利と抵触しない限り、事実上使用が認められている に過ぎません。


そのため、商標権者が故意に自己の商標または指定商品・役務に類似する商標の使用をし、 商品・役務の品質等の誤認、他人の商品等との出所混同を生ずるような使用をした場合、公益的な観点から、誰でも商標を 取り消すための請求ができるようになっています。


また、商標権者は、自己の商標について自由に使用許諾(商標ライセンス)することが認められている一方で、 使用権者(ライセンシー)が正当に使用しているかの注意義務を負っており、注意義務を怠った場合、その制裁として、 誰でも取消審判を請求することができるとされています。


この場合には、商標権者が提供するものより劣悪な商品や役務を提供して需要者の期待を裏切った場合などでも、審判を請求することができるとされています。


不正使用取消審判は、商標権者や使用権者に対する制裁規定であるため、指定商品等の一部についてのみ不当な使用をした 場合にも、商標権全体が取り消され、取消審決が確定した場合は、5年を経過するまで再び同範囲で商標登録を受けることが できないことになっています。


一方、取消審判を請求する場合は、過去に不当な使用があったとしても、不当な使用をやめて から5年以上が経過した場合には、正当な使用により業務上の信用が蓄積していると考えられるため、 審判を請求することができません。


商標の使用の問題をはじめ、不正使用取消審判に関する問題は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ方法

弁護士・弁理士としての商標権侵害などの商標問題に関するご相談・ご依頼、弁護士としての契約問題を含めた一般企業 法務のご相談をご希望の企業様は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。