商標問題・商標権侵害TOP → 輸入差止申立(水際取締)

輸入差止申立(水際取締)

商標権侵害しているコピー商品が海外から輸入されてくる場合、商標権者は裁判所において差止請求訴訟 を提起することも 可能です。


しかしながら、裁判所における訴訟は、当事者を特定し、個別に行わなければならず、時間もかかり、海外からの輸入に対しては あまり現実的でない場合もあります。


このようなケースで効果を発揮するのが輸入差止申立(水際取締)です。
輸入差止申立は、商標法に規定があるのではなく、関税定率法で定められている手続です。


具体的には、税関に対して申立を行い、受理されれば、税関は、その後侵害物品が輸入されようとして いることを発見した際に、税関の段階で輸入を止める措置を行うことになります。
裁判所手続よりも迅速に行われることも特徴の一つです。


この税関の輸入差止手続を利用することにより、国内にコピー品が流通することを事前に防止できますので、海外コピー品 対策には非常に有効な手段となっています。


また、近年では税関も本気でこの手続に取り組んでおり、利用件数も増えてきています。 したがって、今後さらに、手続の利用が増えるのではないかと思います。


税関の輸入差止手続をお考えの場合には、当事務所までご相談ください。

お問い合わせ方法

弁護士・弁理士としての商標権侵害などの商標問題に関するご相談・ご依頼、弁護士としての契約問題を含めた一般企業 法務のご相談をご希望の企業様は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。