商標問題・商標権侵害TOP → 商標権侵害と差止

商標権侵害と差止

商標権者は、商標権を侵害している者に対して、侵害の停止すなわち差止請求することが可能です。


差止請求は、損害賠償請求とは異なり、故意・過失を不要とするものです。
また、差止請求と共に侵害予防に必要な措置を付帯して請求することができ、設備の除却、侵害品の廃棄等を求めることも可能です。


もっとも、付帯請求は侵害の予防に必要な限り認められるものですので、たとえば、侵害品の廃棄を求めても、 商標を抹消することで対応できるような場合には、裁判所は商標の抹消だけを認めることもあります。


差止請求が認められると、当然、侵害とされた商標の使用をやめなければならないことになり、 それまでに積み上げてきた信用に大きく傷がつき、また、別の商標へと変更することも必要となり、事業全体への 影響は甚大です。


そのようなことを避けるためにも、自社の使用予定の商標が他人の商標権侵害とならないないか どうかを事業開始前に確認し、積極的に商標出願しておくことは極めて重要です。

お問い合わせ方法

弁護士・弁理士としての商標権侵害などの商標問題に関するご相談・ご依頼、弁護士としての契約問題を含めた一般企業 法務のご相談をご希望の企業様は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。