商標の類似

商標の類似は、自社の商標の登録を目指す際に類似する先行登録商標等 が存在する場合に問題(審査段階での類似の問題)となり、また、商標権侵害の有無を判断をする場合にも当然問題 (侵害段階での類似の問題)になります。


審査段階と侵害段階では、その判断結果が少し異なるときがありますが、基本的には、商標の「外観」、「称呼」、 「観念」という要素を検討し、また取引実情を考慮し、これらを総合して商標が似ているか否かを判断します。


「外観」とは、商標の見た目です。特に図形や記号などの商標においては、この外観面が重視されます。
また、
「称呼」とは、商標の読み方です。特に文字からなる商標では重要となりますし、審査段階では、この 称呼という要素はかなり重要となります。
さらに、
「観念」とは、商標から生じるイメージです。たとえば、「KING」と「王様」では、外観も称呼も異なりますが、 イメージは同じです。


審査段階では、上記の「外観」「称呼」「観念」が一つでも類似する場合、原則として商標が類似するとされます。 取引の実情も踏まえれば、類似しないと反論することもできますが、審査段階ではなかなか受け入れてもらえないこ とが多いのが実情です。


一方、侵害段階では、上記の3要素は、審査段階よりも、より具体的な取引実情等を考慮して、3要素を参考にしつつ、 出所混同が生じるか否かで判断する傾向があります。


審査は多数の出願を画一的に処理する必要があるため、「外観」「称呼」「観念」という形式的な面から処理されがちですが、 商標侵害の問題は、個別具体的ですので、取引の実情等をじっくりと考慮してくれるということです。


商標の類似の問題には、画一的な答えがないため非常に難しい問題であり、そのために紛争が生じてしまいます。 商標の類似は侵害判断に直結しますので、疑問等があれば、当事務所までご相談ください。

お問い合わせ方法

弁護士・弁理士としての商標権侵害などの商標問題に関するご相談・ご依頼、弁護士としての契約問題を含めた一般企業 法務のご相談をご希望の企業様は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。