商標問題・商標権侵害TOP → 商標と商号の違い

商標と商号の違い

商号とは、商人が営業上自己を表示するために用いる名称であり、あくまで会社を表す表示です。


法改正により、商号は、同一の市区町村内においても、同一・類似のものを登録できるようになりました。
そのため、現在では、同じ市内に同一の商号の会社が存在することもありえます。
商号登記をしたからといって、商号を独占的に使用することができるわけではなく、商号登記に 基づいて、同じ市内に同一の商号の会社の商号使用をやめさせることは当然できません。 あくまで、不正の目的をもって他社に使用されているケースや、自社の商号が周知となっているような ケースにおいて、例外的に商法や不正競争防止法の規定により、使用を排除することができるに過ぎません。


一方、商号についても商標を取得すれば、登録商標(商号商標)と同一・類似の商標を使用する者に対して、 相手方が不正の目的を有するか否か、自社の登録商標(商号商標)が周知となっているか否かを問わず、 その使用差止損害賠償等を行うことが可能となり、貴社の事業活動は広く守られることになります。
商号についても、商標登録しておくことをお勧め致します。


商号についての商標登録のご相談等がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせ方法

弁護士・弁理士としての商標権侵害などの商標問題に関するご相談・ご依頼、弁護士としての契約問題を含めた一般企業 法務のご相談をご希望の企業様は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。